コンブチャスリムと同じダイエット製品の種類はどれくらい?

飲んでダイエットできるコンブチャスリムですが、コンブチャスリム以外にも様々な種類のダイエット製品が販売されていますよね。

「自分に合ったダイエット製品でダイエットしたい」

「メリットとデメリットをちゃんと把握してから、ダイエット製品を利用したい」

このように考えていている方も少なくないと思います。

そこで今回は、ダイエット製品の種類とそれぞれのメリット・デメリットをご紹介したいと思います!

サプリタイプ

サプリタイプのメリット

持ち運びが楽

重くて携帯しにくいダイエット製品だと、カバンに入れて持ち運ぶのも大変だし外出先で利用しにくいですよね。

サプリタイプならカバンに入れておいても重くないしかさばらないので、外出先や旅先でも手軽に持ち運ぶことができます。

飲むだけでOK!

食事制限等の過酷な方法でダイエットをしていると、筋肉量が落ちたり、栄養不足に陥る可能性があります。また、このようなダイエットは途中で辛くなって挫折してしまう可能性も高いです。

サプリタイプなら食事制限や過度な運動をする必要がないので、飲むだけで気軽にダイエットができて継続しやすいです。

サプリタイプのデメリット

即効性がない

薬のような即効性はないので、効果が出るまで飲み続けなければなりません。

場合によっては何カ月も飲み続けないと効果がでない場合もあります。

粉タイプ

粉タイプのメリット

飲み物に混ぜて摂取できる

粉なので、普段飲んでいる飲み物に混ぜて摂取することができます。

味に変化を付けることができるので、飽きずに継続しやすいタイプです。

持ち運びが楽

小分けに包装されている場合が多いので、必要な分だけ持ち運べて手軽に持ち運ぶことができます。

粉タイプのデメリット

水が必要

粉末タイプなので水等の飲み物に混ぜないと摂取することができません。

水の他に、混ぜるための道具(スティック)も必要になります。

ゼリータイプ

ゼリータイプのメリット

ゼラチンの美容効果が得られる

ゼラチンにはコラーゲンが含まれているので、ダイエットしながらコラーゲンの美肌効果を得ることができます。

ゼリータイプのデメリット

食べ過ぎると人口甘味料を取り過ぎてしまう

ゼリータイプのダイエット商品の場合、糖分やカロリーを抑えるために人口甘味料がよく使用されています。

人工甘味料には急激な血糖値下降等の副作用が心配されているものもあるので、過剰摂取は控えた方がいいでしょう。

まとめ

ダイエット製品の種類についてそれぞれのメリット・デメリットをご紹介しました。

  • サプリタイプのメリット:持ち運びが楽で、飲むだけだから継続しやすい。
  • サプリタイプのデメリット:即効性がない。
  • 粉タイプのメリット:飲み物に混ぜて摂取できるし、持ち運びが楽。
  • 粉タイプのデメリット:水がないと摂取できない。
  • ゼリータイプのメリット:ゼラチンの美容効果が得られる。
  • ゼリータイプのデメリット:食べ過ぎると人口甘味料を取り過ぎてしまう。

ダイエット製品を使ってダイエットしたいという方はぜひ参考にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です